本文へスキップ

上本町わたなべクリニック

2021年 メディア出演


このページはメディア関係者専用のページです。

2021年 メディア出演

2021 2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010~

=news== 2021.6.26 =
MBS毎日放送 から取材を受けました。
2021年年6月26日(土)大阪なんば駅にある難波接種会場で行われたコロナウイルスワクチン接種の様子が放送されました。

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20210626/GE00038974.shtml

詳細はこちら



=news== 2021.6.21 =
週刊大衆から取材を受けました。
2021年年6月21日発売 週刊大衆7/5号から取材を受けました。



詳細はこちら



=news== 2021.6.11 =
テレビ大阪「やさしいニュース」(16:44~16:59)
令和3年6月11日(金)テレビ大阪「やさしいニュース」(16:44~16:59)から大阪なんば駅ナカPCRセンターが取材を受けました。



なんば駅に日本初の『駅ナカPCR検査場』
高齢者へのワクチン接種は進んでいますが、65歳以下の方にはまだ先の話。そんな不安を抱える人に向けに、なんば駅の中コンコースにオープンしたのは、日本初の『駅ナカPCR検査場』です。

取材の様子はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=5OaCvsKoIMM

詳細はこちら



=news== 2021.5.27 =
FM大坂 バンディー石田さんから取材を受けました。
令和3年5月27日(土)FM大阪 マインド(17:55-18:00)の バンディー石田さんから取材を受け、コロナRT-PCRについて上本町わたなべクリニックの渡邊章範院長が取材を受けました

詳細はこちら



=news== 2021.5.12 =
BS11の報道ライブ インサイドOUT(20:59~21:54)に出演
令和3年5月12日(水)BS11の報道ライブ インサイドOUT(20:59~21:54)に出演しました。



詳細はこちら



=news== 2021.4.10 =
週刊朝日MOOKに掲載されました。
令和3年4月10日(土)発行 週刊朝日MOOK 未病から治す本格漢方2021(通巻203号)の、漢方治療医全国2343人に上本町わたなべクリニックの渡邊章範院長が掲載されました。



詳細はこちら



=news== 2021.3.28 =
日刊大衆から取材を受けました。
令和3年3月28日(日)9:00「春の隠れ脱水症」についての解説が掲載されました。

冬の寒さも和らぎ、春の足音が聞こえ始めた今日この頃。実は、この時期は、意外や脱水症に陥りやすいのだという。『まきた内科医院』(千葉県習志野市)の蒔田隆二院長が解説する。

「この時期は、気温が上昇するのに、不適切な厚着で汗をかく人が多い。さらに、乾燥した空気にも水分を奪われてしまう。こうして、自分では気がつかないうちに、“隠れ脱水症”が進んでしまうんです」

たかが脱水症と侮るなかれ。『上本町わたなべクリニック』(大阪府大阪市)の渡邊章範院長は、放置しておくと命に関わると警告する。

「脱水症で血液がドロドロになると、血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことも。また、血液中の水分が足りないと、代謝機能などがうまく働かず、免疫力の低下を招きますので、新型コロナウイルスの感染リスクを高めてしまう可能性もあるんです。しっかりと、対策するべきでしょう」

そこで今回は、隠れ脱水症を防ぐ方法を紹介する。最も大切なことは、やはり水分補給だ。

「屋内なら2時間、屋外なら1時間に1回、コップ1杯の水を飲みましょう。今年はマスク着用が欠かせませんが、マスクは口内を湿らせ、喉の渇きを忘れさせるので、意識的に水分補給してください」(前同)

その際に何を飲むかも注意が必要だ。

「スポーツ飲料は、オススメしません。同飲料は、運動時や炎天下での水分・栄養補給を想定して作られています。これを大量に飲むと、糖分の過剰摂取で、脱水症だけでなく、糖尿病も引き起こしかねません。利尿作用が強いコーヒーや紅茶も避けましょう」(同)

現在発売中の『週刊大衆』4月5日号を読んで、脱水症から身を守ろう。


詳細はこちら



=news== 2021.3.24(水) =
テレビ大阪「やさしいニュース」(16:44~16:59)から取材を受けました。
上本町わたなべクリニックの渡邊章範院長がテレビ大阪のニュース番組やさしいニュース」(16:44~16:59)から取材を受け【コロナ後遺症のケア】について解説しました。

大阪府の2021年3月24日までの累計の感染者は4万9682人と、5万人に迫っています。
こうした中、感染者の増加とともに心配されるのが、後遺症に悩むコロナに感染した人たちへのケアです。



ポイント
①国立感染症センターによる新型コロナ感染後の63人に対する調査。
嗅覚障害・・・19.4%(60日後)9.7%(120日後)
息苦しさ・・・17.5%(60日後)11.1%(120日後)
だるさ・・・15.9%(60日後)9.5%(120日後)
咳・・・7.9%(60日後)6.3%(120日後)
脱毛・・・新型コロナ感染から平均58.6日で脱毛症が発症するが、原因は未解明
何らかの症状が、120日間続いた人約半数

②後遺症の原因は、複合的のため見極めが必要
A新型コロナウイルスによる症状
B社会的問題から引き起こされる症状
C持続感染が続いているための症状

③ウイルスの直接要因の後遺症の例
血栓ができたことに対する後遺症
嗅覚・味覚障害など神経にダメージが起こった障害が残ることによる後遺症

④社会的要因による後遺症の例
働けないことに対する心的ストレス
感染したことによる社会的孤立感
⑤ポストコロナ症候群・コロナ後遺症のケアの充実
現在は、急性期のコロナ対策が中心であるが、今後多くのコロナ後遺症を持つ患者さんが増加することが見込まれるため、2020年末から外来を開始。診察・治療には、新型コロナの徹底的な感染予防やreal time RT-PCRなどの分子生物学的知見や心療内科や神経内科などの幅広い見識が必要になる。番組を通して、大阪府感染症対策課に問い合わせたところ、現段階では、対応していないが、必要に応じ対策したいとの回答が得られた。


テレビ大阪のニュース番組『やさしいニュース』のHPのっトップページでも【ポストコロナ症候群・コロナ後遺症のケア】についての動画が掲載されています。

動画はこちら

詳細はこちら



=news== 2021.3.23(火) =
日刊大衆から取材を受けました。
上本町わたなべクリニックの渡邊章範院長が日刊大衆から取材を受け「春の隠れ脱水症」について解説しました。
この記事が、niftyニュース、Amebaニュース、めるもbyGMOにも掲載されました。

冬の寒さも和らぎ、春の足音が聞こえ始めた今日この頃。実は、この時期は、意外や脱水症に陥りやすいのだという。『まきた内科医院』(千葉県習志野市)の蒔田隆二院長が解説する。

「この時期は、気温が上昇するのに、不適切な厚着で汗をかく人が多い。さらに、乾燥した空気にも水分を奪われてしまう。こうして、自分では気がつかないうちに、“隠れ脱水症”が進んでしまうんです」

たかが脱水症と侮るなかれ。『上本町わたなべクリニック』(大阪府大阪市)の渡邊章範院長は、放置しておくと命に関わると警告する。

「脱水症で血液がドロドロになると、血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことも。また、血液中の水分が足りないと、代謝機能などがうまく働かず、免疫力の低下を招きますので、新型コロナウイルスの感染リスクを高めてしまう可能性もあるんです。しっかりと、対策するべきでしょう」

そこで今回は、隠れ脱水症を防ぐ方法を紹介する。最も大切なことは、やはり水分補給だ。

「屋内なら2時間、屋外なら1時間に1回、コップ1杯の水を飲みましょう。今年はマスク着用が欠かせませんが、マスクは口内を湿らせ、喉の渇きを忘れさせるので、意識的に水分補給してください」(前同)

その際に何を飲むかも注意が必要だ。

「スポーツ飲料は、オススメしません。同飲料は、運動時や炎天下での水分・栄養補給を想定して作られています。これを大量に飲むと、糖分の過剰摂取で、脱水症だけでなく、糖尿病も引き起こしかねません。利尿作用が強いコーヒーや紅茶も避けましょう」(同)

現在発売中の『週刊大衆』4月5日号を読んで、脱水症から身を守ろう。


詳細はこちら



=news== 2021.3.22 =
日刊大衆から取材を受けました。
令和3年3月22日(月)発売の週刊大衆2021年4/5号に「春の隠れ脱水症」についての解説が掲載されました。

『「春の隠れ脱水症」から身を守る5か条』として、57~58ページにかけて掲載。





詳細はこちら



=news== 2021.2.10 =
テレビ大阪「やさしいニュース」(16:44~16:59)から取材を受けました。
令和3年2月10日(水)上本町わたなべクリニックの渡邊章範院長がテレビ大阪のニュース番組やさしいニュース」(16:44~16:59)から取材を受け【花粉症とコロナの見分け方】について解説しました。

ポイント
①花粉症でくしゃみをするときの注意点
新型コロナウイルス感染症の80%は無症状ですので、花粉症でくしゃみをするときは、もしかしてコロナウイルスが自分の体内にいるかもしれないと思って、マスクや咳エチケットをしっかりとしましょう。

②【花粉症とコロナに見分け方】
コロナでは、花粉症で起こる目がかゆくなることはほとんどありません。見分ける大きなポイントです。更に、花粉症で目ががかゆい時に、コロナウイルスのついた手で目をこするとコロナウイルスに感染しますので注意が必要です。

③病院に行くポイント
例年の花粉症と同じ症状であれば、花粉症だけの可能性が高いですが、頭痛や咳や痰や熱などの症状が出た場合は、他の病気にかかっている可能性がありますので、病院に行くようにしましょう。

テレビ大阪のニュース番組『やさしいニュース』のHPのっトップページでも【花粉症とコロナの同時流行】についての動画が掲載されています。

動画はこちら

詳細はこちら



=news== 2021.1.20(水) =
yahoo!ニュースに掲載

失顔症(相貌失認)について解説がyahoo!ニュースに掲載されました。

YAHOO!JAPANニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f4c6ba8c466b394e280d12d73e72ec62782f76c

詳細はこちら



=news== 2021.1.18(月) =
報道リアリティーショー ABEMA Prime(21:00 ~ 23:00)に生出演。
上本町わたなべクリニックの渡邊章範院長が報道リアリティショーABEMA Prime(21:00 ~ 23:00)に生出演。失顔症(相貌失認)について解説しました。(22時25分から22時45分ぐらいに出演。)

生放送の動画は下記URLから閲覧可能です。
https://abema.tv/video/episode/89-66_s99_p2525

詳細はこちら











上本町わたなべクリニック上本町わたなべクリニック

〒543-0037
大阪市天王寺区上之宮町1-15

TEL 06-6772-0075
FAX 06-6772-0083